2008年01月26日

早期受け取り元本保証型に人気が集まる

変額年金保険は、高額の保険料を長期間運用する商品ですから、契約後1年などで年金などの支払いを受けることが可能な商品や、毎年の運用経費などをギリギリまで抑えたタイプの商品に人気が集中しているようです。

元々、利率が変動してしまう商品であるだけに、そのリターンへの期待と同時に、リスクを考える必要があります。そこで現在の変額年金保険の主流になっているのが、元本保証型というわけです。

もし、運用実績がよくない場合でも、契約時に一時払いする元本部分以上の金額を、死亡時の保険金額も含めて保証するタイプの商品です。

また元本保証ではない商品の場合には、どんな商品が人気なのでしょうか?

やはりリスク分散の観点からしますと、分散投資でそのリスクを抑えるタイプのものが人気となっているようです。


変額年金保険の注意点やデメリットをここで確認しておきましょう。

ひとつは、一般的にファンドなどよりも年間経費が割高になっていることが多いです。

元本保証を謳っている場合でも、注意が必要で、例えば中途解約してしまった場合は、元本を大きく割ってしまう場合などもありますし、ほとんどのケースで一定の制約があって、完全に元本と同額以上が保証されているわけではないという事です。

そのため変額年金保険を契約する際は、必ず、中途解約時の償還条件やどれくらい戻ってくるのか?という事を確認しておくようにしてください。
posted by 変額年金保険 at 14:02| 変額年金保険

2007年08月04日

長期運用が目的の変額年金保険

長期運用を目的とする場合には、儲かった額(利益)を元本とし、より効率よく運用していこうという方にとりましては、変額年金保険の方が投資信託より適しているといえるかもしれませんね。

変額年金保険はその保険会社によって、投資信託運用会社やその数に違いがあります。(特別勘定部分ですね)

変額年金保険は世界中に資産運用会社がある中でも、得意分野がまったく異なってきます。

変額年金保険は長期的な視野で運用を考えていかなければいけません。

それだけに、一生涯の取引となりますので、どこの保険会社から購入するかは、色々な方から評判、口コミなどを聞き、慎重に判断されたほうが良いかと思います。
posted by 変額年金保険 at 23:10| 変額年金保険
Google